FC2ブログ
  1. 未分類
  2. cm: 9
  3. [ edit ]

進水式!!

いつも訪問有難う御座います!
ランキングに参加していますので、
宜しければ下のバナーボタンを、ポチッとお願いします。
ブログを継続する源になります!
1526454652XdJ1ZYlLZeQcnUc1526454652.gif
にほんブログ村 観賞魚ブログ レッドビーシュリンプへ
にほんブログ村

今日は少し早めの更新です!
実は明日が私の誕生日で、娘夫婦や弟夫婦が祝ってくれます!

因みに4○才になりました☜絵文字を間違っています
来年は年男なんです・・・・・・・・・○に意味なし・・・・・・・・


はい。
話は昨日のからの続きにはいっていきますね!

アクリルを切ったとこまでは昨日の記事に書きました!
それをいつものこれ!

DSC02003.jpg

アクリルサタデーナイトフィーバーで接着していきます!

DSC02365.jpg


って、既に箱になってますね!

先に出来上がりについて少し書くと、水槽の角を利用して、中に引っ掛ける事が出来る、サテライト的な箱を作るのが目的です!
なので、引っ掛けれるようにフックの部分をアクリルで細工します!

DSC02370.jpg
DSC02371.jpg
DSC02369.jpg

こんな感じにすれば、上から引っ掛けれるのは分かると思います!
ここまでが昨日の作業です!
アクリルサタデーナイトフィーバーなので、土曜日中には済ませないといけないので

今朝起きてから、少しフリーズ状態になっていろいろ考えます!
構想を練っていた当初は、私が好んで使っているスポンジフィルターの、L字に曲がった部分を利用して、この箱の中に給水するつもりでしたが、見栄えが悪いのではないかって考えだしたら、固まってしまいました
そこで出した答えが、底面の立ち上げパイプを使う作戦です!

GEXとニッソーを並べて考えます!

DSC02377.jpg

箱の底に貼り付けた時の事を考えると、GEXの方がスッキリしそうなので、GEXをチョイスしました!
イメージはこんな感じです!

DSC02372.jpg

この立ち上げパイプを底に引っ付けて、穴を開けて給水が出来るようにしていきます!

穴を開ける前に、底から見た状態!

DSC02378.jpg

ここで、得意の 『ドリルすんのかい、せんのかい』です

DSC02379.jpg

あるだけのキリを並べてみましたが、最大が10mmのキリしかなく、単純に直径が10mmの穴しか開けれません
もう少しデカい穴が理想なので、ホールソーを使ってみることにしました。
ホールソーって割かし高価なので、アクリルとか硬い材質の物に使いたくなかったのですが、仕方ありません

DSC02381.jpg

穴を2個開けました!

DSC02384.jpg

網戸の網を穴が塞がる大きさに切って、ボンドで貼り付けていきます!

DSC02386.jpg

この時点で、既に底面のパイプもボンドで接着しています!

次に排水を考えていくのですが、この時点までは底には出来る限り薄いソイルでいこうと考えていました。
ですが、なんせ素人作成なので、荒が沢山出てきます。それを隠そうと思えば、中々簡単には行きませんよね・・・・・・・・・

いろいろ悩んだ挙句、底に穴を開けるのが一番手っ取り早くて簡単かと・・・・・・
そうなると底に底面のシートを使った方が、何かにつけて簡単に終わることが出来そうです。
ソイルが厚くなるのは嫌でしたが、仕方なく諦めました

底に穴を3つ開けます!

DSC02389.jpg

さっきと同じように網戸の網をボンドで貼り付けます!

DSC02391.jpg

底面のシートを置いたら、何事もなかったかのようにスッキリと見えるでしょ!

DSC02392.jpg

次は長すぎる立ち上げパイプを、パイプカッターで切断します!

DSC02394.jpg

最近切れが悪いので、替え刃を買ってこないといけません

セットしてみました!

DSC02395.jpg

ソイルを敷いて、いざ 進水式!!

DSC02402.jpg

いい感じで出来上がりました

4匹の抱卵に入ってもらいました!

DSC02408.jpg

今回の出来は、そう悪くはなかったので、大満足です

こんな商品があったら、決行重宝しませんかね


今日は最後に、プチベールで出来た団子の画像で締めくくりますね!

DSC02409.jpg


それでは今日はこの辺で!!









スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. cm: 6
  3. [ edit ]

何やら・・・・ゴソゴソと始まりましたよ(*_*;

いつも訪問有難う御座います!
ランキングに参加していますので、
宜しければ下のバナーボタンを、ポチッとお願いします。
ブログを継続する源になります!
1526454652XdJ1ZYlLZeQcnUc1526454652.gif
にほんブログ村 観賞魚ブログ レッドビーシュリンプへ
にほんブログ村

昨日と一昨日は、クリムゾン血統の抱卵で喜んでいたジイジです
今日は観察率80%のZ系水槽を何気に見てたら、ポケビの卵が無くなってます
しばらくガン見で探しますが、一向に稚エビが見当たりません
脱卵したのだと思い込みそうになった時に、ふとモスファン見たら、稚エビがいました。
何色の稚エビがいたと思います??
お父さんは100%ブラックシャドーのブルーモスラです!
オスの血をよくひくって聞いたりするので、てっきり青い個体が出てくるのかと思いきや

あっさりと赤いレッドビーでした

ハッチアウトしたポケビ!

DSC02360.jpg

モスファンにくっついていたので探すのに時間が掛かりました!

DSC02361.jpg

画像の真ん中位に稚エビが写っています!
成長が楽しみです

因みにブラビも抱卵中なので、近々ハッチアウト予定です!
これまたどんなのが出てくるか楽しみでもあります!
とにかくオスはブラックシャドーのブルーモスラしかいないので!

この水槽にファンシーとかいう個体を入れてみようかなって、少しだけ思っています!
目指すのは、超マゼコゼ水槽ですかね

同じ水槽内にいるザンビー!!
結構大きくなってきましたよ!

DSC02362.jpg

部長さんとこのレッドビーなのですが、一つ純粋な疑問があります

トサカはどれくらいから生え始めるんでしょう???
色はもちろんパープルカラーだと思っていてもいいんですよね

しかしこのザンビー、元飼い主を見れば一目瞭然・・・・

『ワイルドだろぉ~』

その日に見て探す率ランキング1位に輝いています!
目視できなかったら、ほじくり回してでも探しますからね
お気に入りの個体なんです


はい。
話はやっと本題の方向へ向いていきますよ!

以前から構想は練りに練っていた、アクリルのちょこっとケース!
最近は水槽の割りふりがそれなりにできていたので、そこまで熱が入りませんでしたが、T系F3個体を60ワイドに隔離したら、個体は順調に大きくなるわ、抱卵はパタパタ出てくるわで・・・・・・・
嬉しいのは間違いないのですが、その抱卵が60ワイドでハッチアウトされると困ります。
こうなってくると、DIYジイジにスイッチが入ります

○柑○老さんに負けず劣らず、23時からアクリルに墨を付け始めます

DSC02356.jpg

いつものアクリルカッターで切っていきます!
削りかすが綺麗に出てきていますね!

DSC02354.jpg
DSC02355.jpg

チャチャっと切断しました!

DSC02357.jpg

この切断面を紙ペーパーで擦って、面を整えます!
でないとアクリルサタデー(サンデー)がいい具合に溶着できません!

角材に紙ペーパーを巻き付けて、擦ります!

DSC02358.jpg

っと、昨晩ここまでは作業していました

この記事を書き終わってから、少しはまたゴソゴソが始まるでしょうが、明日の昼までには完成しそうです

何ができるかはそれまでの楽しみという事で!!

それでは今日はこの辺で!!






  1. 未分類
  2. cm: 8
  3. [ edit ]

連チャン確定!!

いつも訪問有難う御座います!
ランキングに参加していますので、
宜しければ下のバナーボタンを、ポチッとお願いします。
ブログを継続する源になります!
1526454652XdJ1ZYlLZeQcnUc1526454652.gif
にほんブログ村 観賞魚ブログ レッドビーシュリンプへ
にほんブログ村

昨日取り上げたクリムゾン血統の水槽!
夕べ寝る前に、何か騒がしかったのですが、抱卵の舞とまではいってないような感じで、まさかとは思いつつ今朝見てみると

DSC02347.jpg

抱卵しているじゃありませんか
よく同じ水槽内で抱卵が出始めたら、他の個体も刺激され、連続して抱卵が出るみたいな事を書いているブログとかを見かけますが、これは本当だと私も思っています!

この個体は白い部分が濃厚で殻厚なので、昨日の個体より更に期待が膨らみます
あまりつつかず、余計な物は入れないようにして、ハッチアウトするまで見守りたいですね!
連チャン確定です


はい。
話は変わっていきますが、盆休みにリセットした時の話になります!
45キューブをリセットするにあたり、スポンジフィルターのスポンジだけは少し水を切り、バケツに入れてよけて、他の排水口やエアーストーンが引っ付いている部分などは、熱湯で殺菌・消毒しました!
まっ、正確にはカワコザラガイの除去が目的です!

その時、45キューブという事で、リセットにいつもより時間を要し、スポンジを中々水中に浸ける事が出来ませんでした。
時間で言うと、1時間半くらいですか!
リセット作業も進み、スポンジを元に戻そうと見た時に、よくスポンジとか付着しているこちらのコケ!

DSC02348.jpg

髭のような棒状のコケです。爪でひっかくと、ポキポキ折れるように取れるのは取れますが、完全に除去は出来ずにいます!

このコケを1時間半、外気にさらしていたらこうなりました!

DSC02349.jpg

少し見づらいかもしれませんが、赤くなっています。しかも量も減った感じでした。
死滅したのかどうかは分かりませんが、二日経った今日も赤いままです!
もしこのコケをどうにかしたい時は、軽く絞った程度のスポンジ内には、まだ大量のバクテリアが残っているでしょうし、1時間半位外気にさらした程度では、そのまま流用したとしても支障はないと思います!
このコケの退治には有効な策かもです!

今日は最後に、ささやかな気持ちで頂いた、泥団子!
レアな商品で、余り世に出回らない代物だと伺いました!
2個あったので、1個だけ、45キューブに投入しています!
入れた当初は、ただ珍しくたかっているだけなのかって思ってたら、エビ達は見事に食してます

DSC02351.jpg

DSC02350.jpg

結構な勢いで減ってきているので、勿体無い気もしますが、タダで頂いた物なので、ケチらずこの調子の悪いS系F1個体達に食べてもらい、元気になって欲しいと願っています


が、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆は、まだまだ現在進行形です

毎日減り続けているので、以前の半分以下になってしまいました!

この個体達の特徴だと、自分に言い聞かせる毎日です

リセットして抱卵の舞が毎日のように見られるようになったTT系F1も、よく舞っているんですが、必死に逃げているメスさんは、よく食べられたりしています

S系もTT系も残したいって思っている個体達なので、悲しみは倍ですが、仕方ないですね
私に出来ることはやり尽くした気持ちなので

決行前向きに考えれるようになりました
悪い事ばかりではないですからね

それでは今日はこの辺で!!





  1. 未分類
  2. cm: 8
  3. [ edit ]

間違ってなかった (>_<)

いつも訪問有難う御座います!
ランキングに参加していますので、
宜しければ下のバナーボタンを、ポチッとお願いします。
1526454652XdJ1ZYlLZeQcnUc1526454652.gif
にほんブログ村 観賞魚ブログ レッドビーシュリンプへ
にほんブログ村

夏季休暇も終わり、今日から仕事が始まりました
少しだるいですが、その怠さを吹き飛ばすような出来事がありました

6月30日・7月1日と東海エビ友の会の即売会にお邪魔させて頂いた時に、クリムゾンで念願のレッドビーを購入して帰ったのは過去の記事で書いています!
5匹買って帰ったのですが、私的にはオス2匹・メス3匹の割合で購入したつもりです。
エビが届いてから、眺めれば眺めるだけ、全てがオスに見えていました
なので、脱ぎたての卵巣が完璧に黒くなっている、間違いなく抱卵するであろうメス個体を、わざと入れたりもしましたが、この5匹は全く無反応でした。
おかしいなと思い、そのメス個体を他の水槽に入れ、オスたちが舞うかどうかは確認しています。
その時は入れた瞬間から他の水槽のオス個体達は舞ってました
なら、全部メスなのかと・・・・・・・・・・・・

そのまま1カ月半ですか!
待望の光景が目に入ってきます

やっと抱卵しました

DSC02292.jpg

私の見分ける能力は、間違ってなかったようです
ホッとしました
ドンドン抱卵して、ドンドン子孫を残してほしいです!


話は変わっていきますが、昨日記事に書いた、底面が入っていないプラケース!
中のソイルはアマ・ノーマルです。
この時は一番下にムックリワーク、真ん中位の層に、錦えび濃縮酵素を撒いています!
昨日リセット時に底の写真を写していました。

DSC02321.jpg

底に撒いたムックリワークは、そのままの形状で残っている感じです。
それに比べて、中間に撒いた錦えび濃縮酵素は黄土色になって、ドロッと溶けたようになっています!

DSC02319.jpg

このプラケースではないのですが、過去に同じような仕様でプラケースにソイル入れた物を水槽内に投入し、何か月か経過した時に、出して中のソイルの匂いを嗅いだ事がありますが、結構な悪臭でした
発酵しているような臭いです
その時は、 『これはエビにはやばいぞ』って思ったのですが、何気に今回も同じようなプラケースを作成していました。
いわゆる足しソイル的な発想でです!
この黄土色になっているところに、膨大なバクテリアが発生しているのではないかと思っています。
まだ様子を見ている段階なので、定かではないですが、この黄土色の部分にまで昨日植えたロターラの根が届き、水槽内にバクテリアがドンドンでてきて、環境を良くしてくれるのでは?
的な期待がこもっていますよ
因みに昨日このプラケースを入れた水槽は抱卵が余り出なくなってきている水槽なので、この効果で改善しないかなぁ~っていう淡い期待も少しはあります

とか言いながら、今度の日曜日とかにリセットしていても許してやっておくんなまし

今日は最後に、昨日紹介した伸びきった詫び草!!

今日は既にこんな感じです!

DSC02342.jpg

バッサリ切ってやりました!

因みに何か月か前に購入したロターラも!

DSC02345.jpg

バッサリきって、苗床?ですか。その中に根の部分がソイルで埋まる様にして投入してます!
この方がソイルの栄耀が沢山廻るのかなぁ~って思ったからです

更に、最近詫び草に変更したりして、元々あったモスが大量に出てきたので、プラケースにストックしてしまいました
貧乏性なんで困ったものです

DSC02346.jpg

まっ、本当は、モスに引っ付いていた稚エビが残っているかもしれないのでっていう理由の方が大きいかもです
出品で足場に使っているので、少しづつ減っていくと思います!


それでは今日はこの辺で!!










  1. 未分類
  2. cm: 4
  3. [ edit ]

詫び草追加しました!!

いつも訪問有難う御座います!
ランキングに参加していますので、
宜しければ下のバナーボタンを、ポチッとお願いします。
1526454652XdJ1ZYlLZeQcnUc1526454652.gif
にほんブログ村 観賞魚ブログ レッドビーシュリンプへ
にほんブログ村

はい!
今日は昨日の記事の最後に書いた、詫び草の追加導入について書いていきます!

広島にはアミーゴというペットショップが、何軒かあります。
連休で山陽道が渋滞しているのは分かっていましたが、購入してきました。
とはいえ、盆休みで何とかセールで売れたらしく、あまりいいのは残っていませんでした

購入した詫び草の袋を空ける前です!

DSC02294.jpg


いつもの 水草その前にで、
殺菌・消毒をします!

DSC02295.jpg

で、いきなり水槽に投入した画像です!


DSC02298.jpg

DSC02297.jpg


DSC02299.jpg


DSC02302.jpg

最後の画像は左のが今回購入した詫び草です!

伸びてしまっているのでって事で、安く買えました
この伸びたロターラは後でまた出てきます

今回詫び草を増やしたのは、モスだと直ぐに大きくなりすぎて、トリミングしないといけないし、止水域が多いような気がして、別にモスでなくてもいいのならって感じで変更していこうかと考えてます。
詫び草自体も、それなりにゴチャゴチャしていて稚エビが隠れる場所は沢山あると思います!
何より、1つの塊になっているので、移動も簡単ですしね

昨日記事に書いた、TT系のF1水槽に入れたモス・・・・・・・・
カワコザラガイが居ないとこから取ったつもりが、モスの後ろにメチャメチャいて、慌ててモスを取り除いた水槽ですが、
多分綺麗には育たないと思いつつ、パールグラスを植えてみました

DSC02301.jpg

台湾式のプラケースを最近また少しづつ導入していて、今後はこのプラケースを花壇のようにできないかと考え、先程の伸びきってしまった誰も買わない詫び草を買って帰ったって訳です!

そう思うようになったのも少し訳があり、先に購入していた詫び草の、横に1本だけ伸びていたロターラを切って、小さいプラケースを足しソイル代わりに入れている水槽があるのですが、そのプラケースに植えていました。
何の期待も無くほったらかしにしていたのですが、何か魅力的な生え方をしていました!

DSC02300.jpg

こんな感じでロターラが増えれば、ちょっとした森ができ、稚エビが隠れたりするのに丁度いいと思ってました。
このプラケースはただ単にソイルを入れているだけなので、本当に花壇みたいな感じですが、台湾式のプラケースには、底面フィルターが入っているので、上手く育たないかもしれませんが、植えてみました!

DSC02330.jpg

こんな感じで、植えてみたのですが、どうなるかは今後の楽しみです

あれっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この上の画像のプラケース、底面のパイプが出て無いじゃんって部分を気づいた方・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ナイスです

そう、
このプラケースは黒塗り台エリアの下段の、昨日もう一つリセットした水槽の横にある、大きさが全く同じ水槽のT系F2ブリード水槽に入っていたプラケースです!
では、何故違う水槽に入っているのか・・・・・・・・・・・

察しが言い方は感付いたかもしれませんね

そうなんです!
隣の水槽がやけに綺麗になったし、何か動きの悪かったTT系のF0個体が、若返ったかの如く、チョロチョロしていますし

立ち上げ日は昨日リセットした水槽と全く同じでしたし、決行してしまいます

DSC02306.jpg

左と右で結構透明度に差があるでしょ

リセット開始のゴングが鳴ったので、ただただエビを掬っていきますこれが一番の仕事ですよね

掬ったT系F2ブリード個体達です!

DSC02309.jpg

この時点で私は今回の判断は正解だったと確信します!
それは何かと言いますと、抱卵が2匹しかいないのです。
少なくとも20匹はメスがいるはずです。
なのにたったの2匹です
間違いではなかったと確信したので、作業するスピードがアップしていきます!

稚エビが一番難儀でした

飼育水は半分使うのでプラケースによけて!

DSC02312.jpg

台湾式の中は今回は下にはいつものこれ!

DSC02313.jpg

レッドビーサンドを敷いて、アマノーマルを敷きました!

水槽に設置して

DSC02314.jpg

底に引くソイルはアマパウを350mlのみです!
今回は少な目のスタートをしてみました。
理由は足すのは簡単なので!!です
もっと言えば、水ミミズが隠れる場所を減らしたい!!という考えもあります

ソイルをまいて、少しだけ水を入れます!

DSC02317.jpg

直ぐに沈まないソイルを手で叩いて沈めるためです!
こうしないと一気に水を張ってしまうと、沈まないパウダーが水面に浮き、台湾式の上に落ちてしまうからです!
今回の台湾式はノーマル形状で様子を見たかったので、パウダーが上に落ちて欲しくありませんでした!
既定の高さまで水を張って完了です

DSC02318.jpg

濁ってますが、濁れが取れたら即エビは投入です!

この水槽のプラケースにも、ロターラを植えてみました!

DSC02329.jpg

上手く育ってほしいものです!

水が透き通ってきたのでエビを投入しました!

DSC02339.jpg

いやぁ~これで左右が同じように見えるようになったし、抱卵もバンバンでてくれる事を、ただただ祈るばかりです



っと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あれっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

45キューブもなんか綺麗になってませんか??????

って気づいたあなたは、科捜研の女に出演できます


そうなんです

このジイジ、実は今日も2本リセットしています

夢中になってしまい、画像がこれしかありません

DSC02333.jpg

掬ったS系F1弱り切った個体

まだ☆は完璧には止まっていませんが、どの道落ちる個体は落ちますし、右と真ん中が12月26日に立ち上げていて、45キューブは12月7日だったので、勢いでやってしまいました
正直、エビの掬い過ぎで、肩が痛いです

今回の連休で合計4本のリセットをしましたが、一番最初にしたTT系のF1個体が、インスタにも載せましたが、甦ったかの如く、抱卵の舞が起きていました
ソイルの力は偉大ですね!
大変ですが、半年でリセット(ソイルの入れ替え)位の周期が、私には丁度いいのかもです・・・・・・

じゃあ、これはどうしますか??

DSC02324.jpgDSC02326.jpgDSC02322.jpg

半年越えがいくらでもあります

8か月にしようかなぁ~・・・・・・・・・・・・

ですが一応は半年でソイルは入れ替えるが私の定説なので、ボチボチでも対応していかないとダメですね

それでは今日はこの辺で!!





















NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>