1. エビ
  2. cm: 2
  3. [ edit ]

仕切り板!!

蒼空のジイジです。
ランキングに参加させて頂きました。
宜しければポチッとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

ヤフオク2回目の出品個体は、同県の方が落札して下さり、たまたま近隣の方でしたので、直接手渡しということで、今さっき帰ってきたとこです。
1回目の出品時には、60レギュラーに元々選別して隔離されていたエビ達だったので、そのまま全てのエビを掬って送ったので、何事もなかったのですが、今回は少し思う事がありました。出品者がよく使っている水作のフロート式の容器は私も2個所有しています。この商品、少しの間隔離するのには適しているかもしれませんが、長期になると容器内に水流があまりなく、エビには優しくないと思います。なのでサテライトに変更してみました。2セットでしたので、真ん中に仕切りを入れています。初めて仕切り板を使いました

P3100085.jpg

サテライトを何日も見ていたら、狭苦しいのではと思うようになり、出品時用の小さい水槽を用意した方がいいのかなぁ~って考えたりした、1週間でした。
現在小さい水槽は4本ありますが、あいにく全て満室です

チャームで売っている、夏子と冬子みたいな仕切り板も所有してますが、設置時にキスゴムの近くにソイルがかんだりして、結構な隙間ができたりした経験があります。
上から上手に滑らせるように差し込めば、上手く設置出来るかもしれませんが、私的には余り良い印象がありません。
最近そればっかり考えていたのですが、昨日帰宅してスポンジ揉み大会に換水大会を行った後で、やる気モード突入です


以前ブログに書いてある、台湾式の底面フィルターに挑戦しようとしてた時に、丁度いい大きさのプラケースがなかなか見つからず、自作しようとアクリル板を購入していました。もったいないので、このアクリル板を使って仕切り板を作ってみました。

P3100044.jpg
P3100045.jpg

因みに溶着させるアクリルサンデーは全く使ってません


P3100047.jpg

Pカッターでひっかき削るように削っていきます。案外少ない力でスイスイ削れます。最初の一刀?傷?みたいなのが大事です。


P3100048.jpg

削りカスもきれいに線状の物ができます。


P3100046.jpg

10回くらい削ったと思いますが、全部削るのではなく途中でパキっと折るようにして分離させるのですが、この辺は、アクリルサンデーで検索して、動画を見た方が確実だと思います!


P3100049.jpg
P3100050.jpg

断面もきれいにできてます


P3100051.jpg

水槽に仮にはめてみましたが、ドンピシャです


P3100054.jpg

次に固定する物を作っていきます。わかる人には直ぐにわかる、チャームのアクロシリーズ水槽のガラス蓋受けです。


P3100060.jpg

これを金きりのこで4等分に切ります。


P3100062.jpg

赤いしるしの部分に切り目を入れて、ラジオペンチでもぎました。  


P3100063.jpg


やすりで研いで整えます。

P3100064.jpg

次に大抵のものは過去に買って閉じ込めてある、四次元ポケットならぬ四次元ボックスから、水作のキスゴムを取り出します。


P3100059.jpg
P3100061.jpg

この四次元ボックスに、キスゴムのストックが軽く10袋はあります
さっき作った蓋受けを切った物に穴をあけます。


P3100065.jpg

1発目はこんなかんじで指で持って削孔しましたが、プラスチックの角を面取りしてなくて、指が痛かったし、少し危ないと思ったので、下に木を敷いて削孔しました。これなら安全です。

P3100068.jpg

キスゴムをねじ込みます。穴が少し小さかったので、先のとがったドライバーのようなもので突き込んでいます4.5mmのきりで削孔しましたが、5.0mmでもよかったかもです。

P3100070.jpg


固定する物ができました。

P3100071.jpg

次はスポンジフィルターのL字部分に少し細工します。

P3100075.jpg

一番右が、今まで付いていたL字の吐き出し口です。左がよく見かけるテトラのスポンジフィルターで、真ん中がそれを分解して組み替えたものです。このタイプのスポンジフィルター、以前もブログで書きましたが、交換部品が全くありません。なので、テトラの部品がドンピシャで合うので流用するにはもってこいでした。因みにスポンジは実はLSS研究所の縦溝タイプのスポンジがピッタンコカンカンです。エアーストーンは懐古堂のスポンジフィルターに交換用のストーンがあり、これまたピッタンコカンカンです。話はそれたままなのですが、この機に一気に書きます。このタイプのエアーストーンも目詰まりしてエアーの出が悪くなります。プラストーンなら安価なので、そっくりそのまま交換すればいいのですが、このストーンは少し値が張るので、交換ばかりしていると、痛手になります。なので私は目詰まりしたストーンを、プライヤーで挟み、グリグリ削るように表面のストーンを削ってます。そうすれば見事に復活しますよ儲けた気になってしまいます

P3100075.jpg

水槽に設置してみました。


P3100079.jpg
P3100083.jpg


隙間がほとんどない証拠に、水位が左が少し高いです。密封性がいいのを物語ってます
もちろん水は下のソイルの隙間から循環していますので、問題はないはずです。
60レギュラー6本ありますが、いずれは全てにこの仕切り板を設置しようかと考えています。
ただ、アクリル板は高価なので、福山の心の担当医が言っていた、同じような材質で、金額が安いプラ板みたいなのがあると言っていたので、次はその板で作成しようと考えてます。完成したら60レギュラーだけでも倍の12部屋になり、親個体とその稚エビを右から左へと移す事が出来るようになります。

あっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
すいません
左から右もあるかもです

スポンサーサイト


  1. 2018.03.11 (日) 18:10
  2. URL
  3. 蜜柑海老
  4. [ edit ]

こんばんは〜

器用にDIYをされてますね〜

水槽台の時から思ってました。
  1. 2018.03.11 (日) 19:12
  2. URL
  3. 安芸の蒼空
  4. [ edit ]

コメント有難う御座います。いつも拝見させて頂きポチっています。
元々が電気のことか、サンダー・溶接機・ドリル・インパクト・ガス切断とかを使って現場で施工する立場にいたので、少々はできます。
今回の仕切り板は、許取ろうかと考えてますv-394

って、・・・・これくらいのことでしたら誰でも思いつきますよねv-406

 管理者にだけ表示を許可する
 


カウンター

プロフィール

蒼空のジイジ

Author:蒼空のジイジ
広島県東広島市でレッドビー飼育に奮闘しています

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2018 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -